IPL治療器によるドライアイ治療

ドライアイの新しい根治的治療を行うIPL治療器M22を導入

IPL(Intense Pulsed Light)治療は、継続が必要な点眼治療とは異なり、根治的な治療を行うことができます。

その名の通り、特殊な light(光)をあてることでマイボーム腺の詰まりを解消し、炎症を改善、涙の油層を正常化しドライアイを改善することができます。IPL治療のドライアイに対する良好な効果について、国内外の学会や論文で続々と報告されています。2021年には米国食品医薬品局(FDA)がルミナス社製M22を「マイボーム機能不全を伴うドライアイ」のIPL治療器として承認しました。

IPL治療器M22の作用機序と効果

  • 異常血管の凝固による血管病変改善
  • マイボーム腺の閉塞改善
  • 抗炎症作用
  • 細菌叢やデモデックス(顔ダニ)減少による感染抑制
  • コラーゲン再構築

ドライアイの原因の多くに油膜をつくる脂が関係していると言われています。脂が足りなくなる最も大きな原因はマイボーム腺機能不全です。眼の器官の一部でまぶたにあるマイボーム腺には、涙に必要な脂分を分泌する働きがありますが、そのマイボーム腺が汚れや炎症のために詰まってしまうことがあります。この状態がマイボーム腺機能不全です。そうなると、涙に必要な脂分が十分に分泌されず、涙の成分バランスが悪くなります。その結果、眼に十分な潤いを保つことが難しくなり、目の乾きや痛みなどのドライアイ症状に繋がるのです。マイボーム腺の詰まりを、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれるマイルドな光を照射することで除去し、炎症を抑え、適切な涙液の流れを整えるための新たな治療法として開発されたのがIPLドライアイ治療です。IPLドライアイ治療は国内外の学会でも大きな注目を集めており、ドライアイ症状の改善を示す良好な臨床データが続々と報告されています。

IPL治療により様々な自覚症状の改善が期待できます

  • 目が疲れやすい
  • 目がショボショボ、ゴロゴロする
  • 目が重たいと感じることが多い
  • 目が乾いた感じがする
  • なんとなく目に不快感がある
  • ものがかすんで見える
  • 目がかゆい
  • 光がまぶしく感じやすい
  • わけもなく涙が出ることがある
  • 目が痛む
  • 目が赤くなりやすい
  • 白っぽい目やにがでる
*NIBUT(非侵襲涙液破壊時間):
   眼をあけてから眼表面の涙液層が破壊するまでの時間(秒)。涙液の質の評価に用いられます(正常:10秒以上、異常:5秒以下)。

IPL治療の手順

  1. お化粧をしている場合はメイクをおとします。
  2. 瞳を強い光から守るためアイプロテクターを装着し照射部位に専用のジェルを塗ります。
  3. こめかみ→下まぶた→鼻へかけてIPLを照射します。(13回照射を2回)
  4. ジェルを拭き取り、眼周辺を洗浄して治療終了です。その後はお化粧も出来て日焼止めを塗って帰宅して頂けます。

費用

ドライアイでお悩みの患者さまがお気軽にお試しいただける費用となっております。

初回お試し価格:両眼3000円
2回目以降:両眼5000円

症状によりますが、3~4週おきに4回以上施行すると高い効果が期待されます。
※自由診療のため、同日の保険診療はできません

詳細につきましては、ご来院のうえ遠慮なくご相談くださいませ。

うぶか眼科クリニック
タイトルとURLをコピーしました