クリニック紹介

クリニック内のご案内

外観

受付

キッズスペース

診察室

検査室

処置室

クリニックの検査機器紹介

外来検査部門

ハンフリー自動視野計(HFAⅢ840)(カールツァイス)

視野検査の機器。見える範囲を精密に測定し緑内障や視神経疾患の発見、経過観察に使用。

眼底カメラ付き光干渉断層計RetinaScanDuo(FAF)(RS-330)
(ニデック)

近赤外光により主に網膜の断層写真を撮影、測定する機器である光干渉断層計(OCT)と眼底カメラ撮影と眼底自発蛍光も撮影できる複合検査装置。加齢黄斑変性症、黄斑上膜、糖尿病網膜症等の網膜疾患や緑内障の発見、経過観察に使用。

スペキュラーマイクロスコープ(CEM-530)(ニデック)

角膜内皮細胞の数や形を測定する機器。白内障手術前等に測定します。角膜内皮細胞が少ないと手術できないこともあり、手術前の検査として重要です。

光学式眼軸長測定装置(OA-2000 )(トーメー)
超音波式眼軸長測定装置(AL-4000)(トーメー)

白内障手術前に測定し眼内レンズの度数決定に使用。

超音波画像診断装置(US-4000B)(ニデック)

硝子体出血やかなり進行した白内障のため眼底検査ができないときに使用し、眼底の状態を超音波で確認する機器。

外来治療部門

レーザー光凝固装置(インテグラプロスキャン)(エレックス)

パターンスキャンレーザーで従来型に比べ痛みが少なく、治療時間も短縮できる網膜光凝固装置。糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜裂孔等で使用。

ヤグレーザー装置(YC-200)(ニデック)

後発白内障の治療である後嚢切開に使用。

クリニック概要

クリニック名 うぶか眼科クリニック
所在地 〒285-0845
千葉県佐倉市西志津4-27-3
電話 043-312-2142
FAX 043-312-2143
院長 産賀 真
診療内容 一般眼科診療
白内障・硝子体日帰り手術
眼鏡/コンタクトレンズ処方
うぶか眼科クリニック
タイトルとURLをコピーしました